この計画の最大の目的は日本のプロ野球を改革しMLBレベルのビジネスに発展させ日本人選手のMLBへの流出を阻止することです。

東京ジャイアンツ(巨人)復活

日本には東京ジャイアンツと言うプロ野球チームは存在しません。
一般的に巨人と言われているプロ野球チームは読売ジャイアンツ(株式会社読売巨人軍)が正式名称です。

読売ジャイアンツの歴史は1934年に結成された大日本東京野球倶楽部が始まりです。
このチームが1935年にアメリカ遠征をした時にアメリカのマスコミがジャイアンツと言うニックネームをつけて東京ジャイアンツとなりました。
1936年現在のプロ野球(NPB)がにスタートしました、このシーズンから東京ジャイアンツの名称を使用してます。
チーム名称に転機が訪れるのは1954年です。
この年出された国税庁通達により企業は子会社のプロスポーツチームに対して支出したお金は宣伝広告費として経常される様になりました。



これにより日本のプロ野球はビジネスではなくなりました。
親会社の宣伝広告媒体になったのです。

これは現在でも続いています。
これが原因でプロ野球はビジネスとしての発展をしなくなりました。
企業の宣伝広告媒体として優れた機能をする様になったからです。
理由のひとつがNHKが堂々とチーム名である企業名を報道してくれることにあります。

さらに税金対策としても有効活用できる優良な子会社になりました。
そして、この2つの理由により日本のプロ野球チームは親会社の宣伝広告媒体として存在する事となっていったのです。
これがきっかけとなり1947年に巨人もチーム名称が東京読売ジャイアンツ(株式会社東京読売巨人軍)に変更されました。
しかし読売新聞をイメージさせるものは帽子のYGマークだけでユニフォームには現在の様にYOMIURIの文字は入っていませんでした。
ホームゲームユニフォームには袖にTOKYO、ビジターゲームユニフォームには袖にGIANTSと入っているだけでした。

 

 

 

巨人がこれだけの人気チームになったのは読売新聞社が出資して誕生した日本テレビが巨人の主催試合をすべて放送し視聴率を取れるコンテンツとなり、巨人のビジターゲームが他の民放により全国放送されたためと

企業色を一切感じさせなかった

この2つの要素があった為であると私は考えます。
巨人の次に人気の高いチームが阪神タイガースですが

阪神は元々地名です
甲子園球場の近くに阪神高速道路がありますが阪神タイガースとは資本の関係はありません。

阪神タイガースが全国的な人気チームになれたのは巨人と一緒で企業色を一切感じさせなかった、それと巨人と同じセリーグなので年間26試合が全国放送されいた為と考えます。

日本の第3の都市部にある中日ドラゴンズの人気が巨人、阪神に比べると一気に下がるのは
中日と言う企業名をチーム名にしている為である
と私は考えてます。

先に書きましたが1954年に出された国税庁通達によりプロ野球はビジネスではなくなり、現在の様に親会社の宣伝広告媒体になってしました。
もっとも阪急、南海は戦前から会社名をチーム名として活動していました。
1954年に出された国税庁通達はまだ戦後の混乱期でした。
子会社のプロスポーツチームに対して支出した経費を宣伝広告費として経常出来る様にしたのはプロ野球チームを増やし国民の娯楽を増やす事が目的であったと言われています。
事実プロ野球チームは一番多かった時は16チームありました。

問題なのは現在でもプロ野球はビジネスではなく親会社の宣伝広告媒体として存在している事です

ただし広島東洋カープは除きます。

アメリカへの投手移籍反対

プロスポーツチームの赤字を親会社が補てんして運営していくと言うスタイル自体はプロスポーツチームの運営方法として、ひとつの正解だと私は考えてます。
アメリカ、カナダで運営されているMLBも1980年代半ばまでは26チーム中18チームが赤字運営でした。
これを考えた場合、上記していますがプロスポーツチームの赤字を親会社が補てんして運営していくと言うスタイルはひとつの正解だと考えます。

ただし現在の状況を考えた場合問題があると言わなければなりません。
それは日本の有力選手のMLBへの流出です。
特に問題なのがピッチャーです。
日本の有力なピッチャーが当たり前の様にMLBに移籍する、これはNPBのレベルが下がる事に繋がります。

MLBへの移籍の最大の理由はお金です。
MLBに移籍すれば日本では考えられない天文学的な年俸を手にする事が出来ます。

さらに問題なのがマスコミがNPBよりMLBの方がレベルが上であると報道している事です。
私は1980年代後半にBS放送が始まるとぼぼ同時にBS放送に加入してMLBの放送を見る様になりました。
当時は日本は、このレベルに追いつく事が出来るのか?
この様に考えていました。
しかし現在はMLBとNPBでのレベルは変わりありません。
よく見ていると何故この様な選手がMLBでプレイしているの?
こう言いたくなるケースもあります。
はっきり言えば野球と言う競技としてのレベルはMLBとNPBでは互角です。
しかしビジネスとしては、とんでもない差がつきました。
現在、日本のプロ野球チームも経営努力をしていますが、これはビジネスとして利益を出すと言うよりは赤字をいかに減らすかと言うスタンスでの経営努力です。
プロスポーツリーグの運営に詳しい方なら誰でも知っているレベルの話ですが1チームで経営努力をしても低い限界でレベルが見えているのが現実です。
プロスポーツの運営に関しては対戦相手があってはじめて運営が出来るので当然です。
つまりリーグをひとつの商品としてビジネスをしていかなければMLBの様なビッグビジネスにはなりません。

現在世界でもっとも成功しているリーグはアメリカンフットボールのNFLと言われています。
このリーグの最大の特徴はリーグ内は共産主義システムになっている事です。
これに関してはチーム独自の財源が少なすぎる、経営努力をしないオーナーかいると批判もあるのが事実です。
しかし、世界でもっとも売り上げの多いリーグである事は事実です。


NPBもこの様な成功例に習いリーグの運営をする必要があります。
最大の理由はMLBへの選手の流出を阻止する事です。
ファイターズの大谷選手が早ければ2017年シーズン終了後にMLBへ移籍すると言われています。
あれだけの選手を何故、外国のリーグに移籍させなければならないのでしょうか?
さらに問題はMLBに移籍して当然であると言う雰囲気が日本のプロ野球界にある事です。
これは当事者のプロ野球チームだけの問題ではありません。
マスコミ、ファンにも問題があると言わざるを得ません。
何故日本の一流選手がMLBに移籍するのか?
何故日本のプロ野球がMLB並のビジネスにならないのか?
これを一切考えていません。
これはプロ野球チームだけの問題ではありません。
マスコミ、ファンにも責任があります。
先にも書きましたが野球と言う競技としてのレベルはMLBとNPBでは互角です。
さらに日本の経済力を考えた場合ビジネスとしてのレベルがMLBと互角になっていなければおかしいです。
話が少々それますがワールドベースボールクラシックは日本が2回続けて参加を拒否すれば消滅 すると言われています。

ワールドベースボールクラシックは日本企業がスポンサーに付いているからビジネスとして成功しているのです。
これはプロ野球に詳しい方なら誰でも知っているレベルの話です。
これを考えた時日本のプロ野球がMLB並のビッグビジネスに発展していない事はどう考えてもおかしい事です。

読売ジャイアンツ(巨人)戦、既得権益の消滅

それでは何故日本のプロ野球がMLB並のビッグビジネスにならないのか?
言い換えれば何故日本のプロ野球は12球団でひとつの商品にならないのか?
最大の理由は読売新聞が拒否しているからです!
日本のプロ野球の成功の歴史は巨人の成功の歴史であり同時に読売新聞の成功の歴史でもあるからです。  2000年代前半までは巨人戦の試合はチケットがすべて完売してプラチナチケットでした。
これを読売新聞は部数拡大に利用していました。
巨人戦のチケットをプレゼントするから読売新聞を講読しませんか、これをセールスポイントにして読売新聞は世界最大部数誇る新聞社になりました。
これは東京だけではありませんでした。
九州シリーズと言うのを福岡市で2試合、北九州市で1試合、札幌シリーズを円山球場でも主催試合として開催していました。


これは九州、北海道での読売新聞の拡張が目的で行われていたものです。
当然、読売新聞を講読すれば巨人戦のチケットをプレゼントしますをセールストークにして販売を拡大していたのです。
これに関しては読売新聞は民間企業ですので何の問題もありません。
問題なのは現在も読売新聞が過去の成功体験にしがみついている事です。
読売新聞さらに渡邉恒雄氏の言い分は理解できます。
プロ野球チームとして企業努力をしたのは読売新聞及び巨人だけだからです。
セリーグの残り5球団は巨人の成功に便乗していただけです。
これは130試合制の時代の事ですが1シーズン巨人との対戦は26試合ありました、その半分の13試合が主催試合でした。
1試合1億円と言われた放送権料がセリーグの5球団に収入として入っていました。
さらに通常よりも高く価格設定をしたチケットが完売していました、これも約1億円であったと想定します。
つまり巨人を除くセリーグ5球団は何もしなくても年間26億円の売り上げがあったのです。
巨人戦が年間13試合主催試合としてあったためセリーグのチームは黒字だったのです。
このことはFAがスタートする以前のプロ野球では常識でした。

 

2リーグ分裂

ここで話を2リーグ制に移そうと思います。
1950年から現在のセリーグ、パリーグの2リーグ制に移行します。
これをアメリカMLBをモデルにしてNPBのレベルを上げる為にしたと思われている方が多い様ですが実際は、ただ単に巨人が中心のリーグは面白くない、自分達で新しいリーグを作ろうと鉄道会社が作ったのがパリーグです。
事実パリーグスタート時のチームは阪急、南海、西鉄、東急、近鉄、毎日、大映です。

 

 

見れば分かると思いますが毎日と大映以外はすべて鉄道会社です。


阪神もセリーグではなくパリーグに行く予定であったとする説もあります。
これは国鉄総裁下山事件で当時、自殺説を張った毎日新聞と他殺説を張った読売新聞の対立により毎日がパリーグに編成されたと言う説があります。
要するに2リーグに移行したわけではなく 分裂した と言うのが真相です。
読売の渡邉恒雄氏が長年に渡って交流戦に反対していたのは、この時の経緯を知っているからです。
渡邉恒雄氏に関してはマスコミが悪者にしていますが、この方は少なくとも日本のプロ野球の歴史についてしっかりと勉強されています。
巨人が中心で面白くないと言って、勝手に作ったリーグがパリーグだったのですから当然とも言えます。
さらにパリーグは問題を起こします。

DH制の採用です

これは1975年から採用されたのですがセリーグが大反対したのを日本シリーズ、オールスターゲームでは絶対に採用はさせないと言って強行に採用したのです。
ところが事の経緯を知らない下田武三氏がコミッショナーに就任した時、同氏が公平ではないとして日本シリーズでのDH採用を提案するとパリーグ側が賛成にして1985年のシリーズから採用される事になりました。
さらに交流戦もパリーグのチームは希望していました。
ホーム&アウェイで6試合巨人と試合をしたら巨人戦を3試合主催試合として開催できます。
これだけで6億円の売り上げです。
勝手に自分達でリーグを作っておいて人気がなく経営が厳しいからと言って交流戦を要求してくる。
渡邉恒雄氏が交流戦に反対していたのも当然だと思います。
交流戦は2005年シーズンからスタートしましたが、このシーズンにはパリーグ創設時のチームは近鉄を最後にすべて消滅していました。
2004年にはストライキもありましたがパリーグ創立時のチームがすべて消滅していたのも渡邉恒雄氏が交流戦を認めた事と関係があると思います。


リーグをひとつの商品として販売

再び話を読売新聞及び巨人に戻そうと思います。
NPBをひとつの商品として販売していかなければビッグビジネスには発展しないと言う事は上記しています。
これの一番の問題がテレビ放映権です。
1980年代半ばまではMLBは26チーム中18チームが赤字運営であった事は上記しています。
もっとも、これはオーナー側の嘘で黒字経営であった事が後年発覚しています。
これを転換させたのがロサンゼルスオリンピックを成功させたピーター・ユベロス氏です。

同氏がコミッショナーに就任すると、同氏はそれまで5回戦制であったリーグチャンピオンシップ(当時は西と東の2地区制)を7回戦制にしてワールドシリーズとオールスターゲームをすべてをパックにしてテレビ局に一括販売しました。
これにより多額の放映権料がMLBチームに分配され選手の年俸高騰に繋がっていきます。
このテレビ放映権料一括販売システムはアメリカのプロスポーツで実施されて収入の柱となっています。

日本とアメリカではテレビの運営システムが違う為、一概にこの方法が良いとは言えるのか分かりませんが、日本でもオールスターゲーム、クライマックスシリーズ、日本シリーズを一括販売するべきだと考えます。
さらにクライマックスシリーズは日本シリーズと同様にNPB主催にするべきであると考えます。
クライマックスシリーズを見ていて何故セ・パが同時に試合をするのか?
この様に考えている方も多いのではないでしょうか?
1試合をデーゲーム、もう1試合をナイターで開催してくれれば両リーグの試合をテレビで見る事が出来ます。 
はっきり言えばファンのニーズに答えていません。 
NPBをひとつの商品として販売していれば、この様な事もありません。
それと平日の月曜日にプロ野球は1試合もおこなわれません。
ファンからすれば

なんで1試合もやっていないの?

これが本音です。 
これもプロ野球をビジネスではなく企業の宣伝媒体として運営しているためです。

1チームで経営努力をしても低いレベルで限界が見えているのがプロスポーツリーグの現実です。
そうであればNPBをひとつの商品として売っていく、それをしなければMLBとのビジネスの差は広がっていくだけだと考えます。
同時に日本の一流プレイヤーのMLBへの流入は止まらないと考えます。
では何故NPBはリーグをひとつの商品として売らないのか?
理由は読売新聞及び読売ジャイアンツが既得権益にしがみついているからです。
読売ジャイアンツ戦が既得権益で無くなっているにも関わらずです。
読売ジャイアンツ戦が既得権益でなくなっている事は交流戦を見れば理解できます。
2104年シーズンまではホーム&アウェイの計4試合、合計で24試合実施されていました。
ところが2015年シーズンからは片方のチームの主催試合として18試合に規模が縮小されています。
この様な形態に移行した最大の理由が読売ジャイアンツ戦が既得権益でなくなった事である事は明白です。
はっきり言えばパリーグ側が読売ジャイアンツ戦の主催試合をしなくても良いよと言う状態になった為です。
ところが読売新聞及び読売ジャイアンツは未だにNPBをひとつの商品として売っていくと言う方針に反対しています。
1チームでの経営に固執しています。
これはパリーグTVと言うインターネット中継を見れば理解できます。
 http://tv.pacificleague.jp/ptv/pc/#
何故NPBTVではないのだろうと考えていたら読売ジャイアンツは単独でジャイアンツLIVEストリームと言うインターネット中継をしています。
 http://vod.ntv.co.jp/program/giants_live/

現在は過去と違い読売ジャイアンツ1チームでの経営努力をしても年々人気が下がっているのが現実です。
ところが、その様な認識が読売新聞及び読売ジャイアンツにはない様です。
日本のプロ野球で唯一企業努力をしたのが読売新聞及び巨人である事実は認めます。
しかし現在のプロ野球を取り巻く状況さらに読売ジャイアンツの人気が下がり読売ジャイアンツ戦であるにも関わらずチケットが完売しないケースが出てきている事実を考えた場合、読売ジャイアンツ単独で経営努力をしても読売ジャイアンツ自体にもメリットがないと考えます。
読売新聞、読売ジャイアンツ批判をすると必ず渡邉恒雄氏を悪者にする傾向があります。
しかし、私の意見は渡邉恒雄氏の取り巻きにあるのではないかと考えます。
2002年のシーズン途中に巨人はチーム名称を読売ジャイアンツ(株式会社読売巨人軍)に変更してビジターユニフォームをTOKYOからYOMIURIに変更しました。
理由は企業宣伝にならないから、これは巨人ファンからも批判されました。
この出来事は松井秀樹がMLBへ移籍するきっかけのひとつになったとも言われています。
それだけ評判が悪かった出来事です。

その後読売ジャイアンツのビジターユニフォームは毎年の様に変更されていきます。
2015年にユニフォームサプライヤーがアンダーアーマーに変更されてビジターユニフォームにTOKYOが復活しました。