ライザップの本当の評判

ライザップは悪徳商法です。
内容はインチキです最終的には詐欺罪になると考えられます。
悪い評判は事実と考えるべきです。
当然、犯罪といって問題ないレベルだと考えられます。
このサイトでライザップの実態を暴きます。
さらに被害者の会の結成を考えています。

被害情報提供の協力のお願い
被害者の会結成の案内
マスコミがライザップの実態を報道しない理由
英会話スクールへの進出
ゴルフビジネスの失敗
現在のライザップの現実
ライザップのCM出演は犯罪協力?
法律改正の必要性
健康被害の問題








永山陽一郎







ライザップのCMを見て本当なのか?
このように考えている方は多いと思います。
答えは
少々回りくどいですが「事実である証明がされていません」です。
「ぶっちゃけ嘘ですよ」と言うのが本音です。
私は本業がスポーツトレーナーなので「こんな事ある訳ないでしょ」と言うのが正直な意見です。
ライザップのCMは本当ですかと聞かれる事があるのですが「すべて嘘です」と答えています。
これはスポーツトレーナーをされている方は、すべて同じ考えであると思います。
ライザップについて本当ではないかと考えている方は、繰り返し流される大量のCMにより正常な判断が出来なくなっているだけです。
結果にコミット出来ないからCMを大量に流しているだけです。
結果にコミットしていればCMを流さなくてもお客さんはほっといても来ます。
あれだけ劇的に変身出来るのですから当然です。
しつこいようですがもう1度書きます結果にコミット出来ないからCMを大量に流しているだけです。

ライザップのCMに関しては最初の頃はCGではないか?
この様な疑惑で見られていましたが、その頃のCMがライザップの公式YouTubeからは削除されています。
下記リンクで確認してください。
ライザップ公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCl3KNzEZkai5e9WQryNOjGA


現在ライザップの公式YouTubeで見れるCMは基本的に本人でありCGも明らかに使われていないものだけです。
ただ、1人だけ例外があります
永山陽一郎という方です。
この方に関しては後で書きます。

そうであればライザップのCMは事実なのか?
そう問われると事実であると断言はできません。
ビフォー、アフターの映像だけで
期間が2ヶ月である事を証明するものが何も提示されていないからです。
期間を証明するものを提示がない以上2ヶ月でダイエットに成功したと宣伝をするのは問題があります。
つまり事実の証明を提示せずに、宣伝している事になります。
さらに有名人をCMに起用しています、
赤井英一生島ヒロシ森永卓郎です。
この3人に関しては明らかに事実ではない事が証明できます。
この3人が猫背であったという事実はありません。
CMのビフォー部分で明らかに猫背になっています。
特に
森永卓郎生島ヒロシの猫背は酷いです。
ところがアフターの部分では猫背が解消されています。
これは明らかにやらせ、捏造です、有名人ですから世間の目をごまかす事はできません。
赤井英一生島ヒロシ森永卓郎この3人はライザップのCMに出演した以上パンツ一丁で公の場に出る責任があると考えます。
これをすればライザップの信用度は上がります。
ところが、その様な事は一切やってはいません。
さらにライザップのCMがやらせ、捏造である事は
先程名前を出しました永山陽一郎という方でも解ります。
この方は38歳の会社員であるという事になっています。
この方のCMに関しては現在でも別人疑惑があります。
確かに疑いたくなるような変身ぶりです。
この方が本当にライザップでダイエットに成功して、さらにリバウンドをしていなければライザップは高額の広告費を使ってCMをする必要がなくなります。
理由は、この方はCMに出演しています、つまり公務員ではないということです。
この
永山陽一郎という方を仕事の休みの日を利用してタレント活動をさせればいいのです。
パンツ一丁でバラエティー番組に出演させればいいのです。
この方がタレント活動をしたいと望めばタレント事務所がほっときません、それだけタレントとしての価値があります。
この方がタレント活動をはじめればスケジュールはすぐに埋まります。
ところが、それをしていません。
どういう事でしょうか?
さらに
永山陽一郎という方が本当に2ヶ月でダイエットに成功してリバウンドもしていないのであれば、ダイエット期間のトレーニング記録、食事の記録を本にして出版しているはずです。
当然これも出版界がほっときません。
しかし、その様な事はしておりません。
永山陽一郎が本当に2ヶ月でダイエットに成功しリバウンドもしていないのであればマスコミに登場しないのは明らかに不自然です。
これは前記の3人の有名人にも同じ事が言えます。
もともと有名人でテレビに出るのが仕事なのですからパンツ一丁でテレビに出ればいいだけです。
これをすればライザップはCMをする必要がなくなります、口コミでお客さんが殺到して大儲けができます。
しかし、誰もやっていません。
それが何を意味するのかは考えれば誰でも解ります。

ライザップのサイトを見ると週に2回のウエイトトレーニングをする事になっています。
しかし、1回のトレーニング時間が50分、または80分です。
2ヶ月で16回しかウエイトトレーニングをやらない事になっています。
この程度のウエイトトレーニングを2ヶ月でやっただけで痩せる訳はありません。
嘘だと思われる方はボディビルを実践されている方に話を聞いてみてください。
肯定するボディビルダーは1人もいません断言します。

さらに専門的になりますが肥満の解消(余った脂肪を減らす)にはウエイトトレーニングのような無酸素系の運動よりランニング、サイクリングの様な有酸素系の運動の方が効果が高いです。
嘘だと思われる方はスポーツクラブのインストラクターに聞いてみて下さい。
ただし2ヶ月で劇的にダイエットを成功させるには、かなり高いレベルでの有酸素運動が必要になります。
これを週2回50分、または80分おこなっても正直、時間、回数の関係上CMの様な劇的な効果は期待できません。
とりあえず週2回のウエイトトレーニングで痩せるという主張に関しては完全な
です。

これを考えた時ライザップのCMは誇大広告と言って問題ないと考えます。


ライザップのプログラムで2ヶ月でダイエットを成功するには、とてつもなく厳しい食事制限が必要です。
ライザップのダイエットプラグラムの中心は食事制限です、正確に言えば吉川メソッドと呼ばれる食事によるダイエット方法をパクッて実施させているだけです。
ウエイトトレーニングはカモフラージュにすぎません。
この程度の知識はスポーツトレーナーをされている方であれば誰でも持っているレベルです。

ここまで読んで、それでは今まで誰もダイエットに成功していないのか?
こう問われれば成功した方もいるでしょう、もしかしたらリバウンドもしなかった方もいるかもしれません。
ただライザップのCM量を考えてください、今までにライザップにいかれた方の数は万の単位であると考えます、これだけの方が行けば1人くらいは成功した方もいるかもしれません、あくまでも推測です。
仮にライザップに通ってダイエットに成功しても吉川メソッドと呼ばれる食事制限を継続しなければ確実に
リバウンドします。


続いてライザップのCMが事実でない根拠としてあげられるのが、トレーナーが独立しない事です。
わずか2ヶ月で誰でも劇的に変身出来るノウハウがあるのです。
そうであれば、そのノウハウはどれだけの価値があり、どれだけの収入をもたらすでしょうか?
ライザップのノウハウを持ってプライベートジムをオープンした場合どれだけの収入になるでしょうか?
弁護士のように着手金と成功報酬といった料金体系でプライベートジムを経営した場合、着手金20万円、成功報酬80万円この様な高額の料金設定をしてもお客さんは来ます。
そうであればライザップでサラリーマントレーナーを続ける理由がありません。


私がこのサイトを公開した理由はマスコミがライザップに都合の悪い事を一切報道しないからです。
週刊新潮が2015年6月18日号にライザップが悪徳商法である趣旨の報道をしました。
これにライザップが反論しました、これに対し再度ライザップに対する反論報道をしただけです。
マスコミが報道しないのは理由があります。
テレビの地上放送局の収入はなんでしょうか?
広告費です。
つまりライザップの真実を報道するとライザップの経営が傾き、結果としてライザップからの宣伝広告費がなくなります。
それでは新聞や週刊誌は報道できるのではないか?
この様な考えが出てくると思います。
ところが新聞、週刊誌も現在は購読料金だけでは経営が成り立たなず、経営のためには広告費収入が必要なのが現実です。
週刊新潮が報道をした後ライザップは週刊誌にも広告を掲載するようになりました。
つまり週刊誌も経営のために報道できないのです。
新聞に関しては広告が掲載されているかどうかは確認していませんが、掲載されていなくてもテレビの地上放送局との関係を考えれば報道できないと考えます。
テレビの地上放送局はもともと新聞社が国の政策の元、作ったものです。
読売が日本テレビ、毎日がTBS、産経がフジ、朝日がテレビ朝日、日経がテレビ東京と現在でも資本の関係があります。
テレビ局との関係を考えれば新聞が報道できなくても当然だと考えます。
ただ、これらの事実を持ってマスコミはけしからんと言うのも問題があります。
マスコミもビジネスです。
自社の経営を考えれば出来なくて当然です。
ただ報道できるマスコミがありそこが報道しないのは大きな問題があると考えます。
NHKです。
NHK
の収入はなんでしょうか?
広告費ではありません、国民から徴収した受信料金です。
このライザップの問題を考えた時「
NHKは何をしているのだろう?」と言うのが正直な感想です。
NHKの収入源は広告費ではありませんからライザップの問題を報道する事が出来ます。
やる事やれよ。なんの為に受信料を徴収しているんだよ!
あくまでもこれは推測ですが日本全国の消費生活センターにはライザップに関する苦情が相当数来ていると考えます。
そうであれば
ライザップの問題を報道しない事はNHKは自らの存在理由を否定している事になります。

ライザップの問題を考えた時、これはライザップ1社だけの問題ではない事が言えます。
大量の宣伝広告費を使い宣伝をする、するとお客さんが来る、仮に辞めるお客さんがいてもCMを見た新たなお客さんと言う被害者が来続ける。
すると当然会社は儲かります。
そうなると銀行がお金を貸してくれます。
銀行は昔と違い確実に回収できる、お金の貸し先を探しているのが現実であると考えます。
銀行がお金を貸すと、さらにビジネスを拡大できます。
そうしてライザップは成長しているのです。
つまりライザップは日本の経済界全体の問題とも言えます。
どんな悪徳商法でも大量の宣伝広告費を使えば、まともなビジネスとして社会に認知される事が証明されたのです。
結果にコミットする英会話スクールが誕生するのも時間の問題でしょう。

ライザップは本当に英会話スクールに進出しました。
http://www.rizap-english.jp/

これも完全なインチキビジネスです。
ゼロから3ヶ月で英語が話せる様になるわけがありません。
下手に行ったら高額の契約をするまで帰してもらえないのが現実であると考えます。
よほど、はっきりとNOと言える方以外はライザップに近づかないのが正解です。


この問題の象徴とも言えるのがゴルフビジネスへの進出です。
下記のリンクを見てください。
http://www.kbc.co.jp/sports/augusta/
ライザップがスポンサーになったプロゴルフトーナメントが開催される事が確認できます。
プロゴルファーであれば結果にコミットできないのは誰でも理解しています。
しかし、プロゴルフトーナメントもスポンサー不足に悩んでいる現実があります。
日本が資本主義経済である以上これは止められないのが現実であると考えます。
ただし
NHKが報道をしていれば話は別です。
ただライザップのゴルフビジネスは完全な失敗の様です。
ゴルフに関しては多くのレッスンプロが存在しています。
結果にコミットできるのであればレッスンプロがライザップに行ってトーナメントプロになれるはずです。
さらに言えば私がライザップに行ってもプロテストに合格することは不可能です。
当然ですが結果にコミット出来ないから宣伝しているのです。

ライザップがこのままビジネスの規模を大きくしていくと、さらに大きな問題が出てくると考えます。
それはプロ野球チームの買収です。
事実ライザップは昨シーズン福岡ソフトバンクホークスの帽子に広告を入れていました。
正直、福岡ソフトバンクホークスも何を考えているんだと思いました。
ライザップをこのまま放置すればプロ野球チームのオーナーになるのも時間の問題ではないか考えています。
プロ野球に関しては、それなりに知識があると自負していますがチーム経営から撤退したいと考えている企業はいくつかあります。
プロ野球チームのオーナーになったら社会の信用度は桁違いに良くなります。
これに関しては読売の渡邉恒雄氏が反対しなければ現実になると考えます。
プロ野球の問題に関してはまた別のところで書こうと思います。


ライザップで被害にあわれた方の情報を募集します。
必要もないサプリメントを強制的に購入させられた。
契約の延長をするまで帰してもらえなかった。
2ヶ月35万円で宣伝しているのに最終的に100万円を超える高額な支払いをさせられた。
無茶なトレーニングで体に障害をおった等なんでもかまいません。
下記のメールリンクから情報を提供してください。
集めた情報は、これを元に調べ非常に悪質なケースに関しては、このサイトでの公表も考えています。
事実、私の元に600万円を超える支払いをさせられたと言う方からの情報がありました。
皆様の情報提供をよろしくお願いします。
情報提供をされる場合、できるだけ氏名、住所、電話番号、被害金額を記入してください。
みなさまの協力をお願いします。
それとお願いがあります。
ライザップの被害にあわれた方は契約書を保管しておくようにお願いします。
これは非常に重要なことなので是非お願いします。

E-Mail



このサイトを公開してからライザップによる被害の情報が入ってくる様になりました。
その、ほとんどの方が泣き寝入りをしている事実も把握しています。
これ以上ライザップによる被害を出さないためにも被害者の会の結成が必要であると考えています。
消費生活センターでも相談に乗ってくれると思いますが被害者の会を結成しようにも都道府県単位で運営されている現実を考えると行政が主体になって被害者の会を結成することは現実的ではないと考えます。
さらに個人でライザップに対し費用返還の民事訴訟を起こすとしても弁護士の着手代金だけで30万円かかるのが現実です。
ですから個人でライザップを訴えるというのは現実的ではないと考えます。
ライザップを相手に一人で戦うことは難しいのが現実です。
しかし、数が集まれば話は別です。
100万円の被害を受けた方が100人集まれば1億円になります。
この規模になれば被害者の会の結成も現実的な話になります。
当然ですが被害金額の返還訴訟も実現します。
一人でも多くの方に賛同して頂くようお願いします。
決して泣き寝入りはしないでください。
こちらもメールリンクから連絡をお願いします。


E-Mail


現在ライザップは新規の顧客(被害者)の開拓が非常に難しくなっていると考えられます。
4年以上も効果のないダイエットビジネスをやっているのですから当然です。
口コミで悪い評判と言うよりも現実が広まっていると考えられます。
当然経営も厳しくなっていると考えられます。
それが2ヶ月35万円の宣伝にも関わらず600万円を超えるような支払いをさせるという様な事例を生み出していると考えます。
1人の顧客(被害者)からいかに多くの金を絞り出させるかに路線変換しているのが現在のライザップです。
このサイトを公開してから私の元には100万円を超える契約をさせられたという被害者のからの相談のメールが寄せられるようになっています。
現在ライザップのCMに出演することは悪徳商法の宣伝をすると言うレベルを超えて犯罪の片棒を担ぐ、場合によっては犯罪の共犯と言って問題ない状態と言ってよいでしょう。
CMに出演しているタレントのギャラはどこからで出ているのでしょうか?
ライザップがまともなビジネスをしていて、その売り上げから出ているのであれば問題はありません。
しかし現実は被害者からむしり取ったお金がタレントのギャラになっているのが現実です。
その様な状況を知りませんでは済む問題ではありません。
現在ライザップのCM に出演することは犯罪の宣伝、または犯罪の協力と呼んでも良いレベルと断言しても良いでしょう。
下記のCMはその典型的な例といってよいでしょう。
上記と重複するものもありますが、ここで紹介します。
タレントの遠藤章造と所属事務所の吉本興業はそれをやっています。





AKB48峰岸みなみと所属事務所がプロダクション尾木の事例。



森永卓郎と所属事務所がオフィス・トゥー・ワンの事例。




井上公造と株式会社KOZOクリエイターズの事例。



赤井英和とプランニング・メイ有限会社の事例




生島ヒロシと株式会社生島企画室の事例。



えどはるみと所属事務所が吉本興業の事例。
吉本興業は遠藤章造もCMに出演していますから犯罪の共犯と言っても良いのではないでしょうか。



現在の日本の法律では上記のタレント、所属事務所には法律面での責任が発生しないのが現実です。
これにより、どの様なインチキ詐欺ビジネスの宣伝に協力しても刑事、民事の両方で裁かれることがありません。
この様なインチキ詐欺ビジネスの宣伝をした場合、出演タレントと所属事務所に法的責任が発生するように法律を改正する必要があります。
法律面で責任が問われないからと言って、この様なインチキ詐欺ビジネスに出演しているタレントと所属事務所には社会的倫理観、道徳観がないと断定します。


現在ライザップのCMは以前に比べて極端に少なくなっています。

これは新規の顧客が来なくなり経営が厳しくなっているのが現実であると考えます。
さらに現在のCMの特徴は有名人を起用して本当にダイエットを成功させたことを全面に押し出すようになってきました。
ただCMに出演した有名人も記者会見では裸同然の格好でいますが、バラエティー番組等で引き続いて裸同然で出演し続けることはありません。
これが何を意味するかは賢明な方には理解できると考えます。
それと有名人を指導するトレーナーに関してはしっかりとしたウエイトトレーニング、ダイエットノウハウを持った方が指導に当たっていることは間違いがないと考えます。
しかしライザップの一般のトレーナーは2ヶ月の研修を受けただけのウエイトトレーニングの素人がやっているのが現実です。
ライザップは元々は2ヶ月35万円で宣伝していましたが現在はその様なことはしていないようです。
鴨と見られた場合、高額の契約をするまで帰してもらえないのが現実です。
当然ですが、ここまでくると悪徳商法の域を出て犯罪と言っても良い状態です。

健康被害の問題
私がライザップに関して、ここまでの内容を書いているのは被害が経済面だけではないことも理由のひとつです。
ライザップのトレーナーはウエイトトレーニングの素人のレベルです。
私は本業がスポーツトレーナーなのですが、現在指導しているクライアントの1人が1年以上前にライザップに通っていました。
当然ウエイトトレーニングに関しては通り一遍のことは身に付けていると考えていました。
ところがウエイトトレーニングに関してまったくの素人で1から指導することになりました。
ウエイトトレーニングの素人がウエイトトレーニングの指導をすることによって起こっているのが健康被害です。
膝や腰を痛めたという情報が寄せられております。
ライザップでのウエイトトレーニングはフリーウエイト(バーベル、ダンベルの総称)が中心になっています。
ウエイトトレーニングの器具でもっとも効果を出せるのがフリーウエイトです。
しかし、これは各種目のフォームを正確に身に付ける必要があります。
更に、その方に合った適切な重量を使用する必要があります。
しかし、ウエイトトレーニングの素人にはこの指導が出来ません。
これが出来ていないために起こっているのが健康被害です。
更に裁判になった場合、健康被害の原因がライザップでの無茶なウエイトトレーニングが原因であることを証明する責任があるのは被害者側です。
ライザップでのウエイトトレーニングと健康被害の因果関係を証明するのは非常に困難なのが現実です。
これに関しては弁護士に相談したうえで書いています。
もし、これを読まれた方でライザップに通っていて関節に痛みや違和感が発生してる場合は通うのを即やめるようにして下さい。
関節に障害が起きた場合一生引きずることになります。


ここまで書いた通りライザップというのは非常に問題のある会社です。
はっきり言えば悪徳商法です。
もっと言えば現在のライザップは犯罪と呼んでも問題ないレベルになっています。
反論があればメールでお願いします。
ライザップが裁判をしたいのであればメールで連絡を下さい、裁判に必要な情報を連絡します。
このサイトで氏名を公表しているタレント、プロダクションに関しても同様です。
裁判を起こしたいのであれば裁判に必要な情報を連絡します。


ライザップに関してはブログでも問題追求をしています。
興味のある方は是非読んでください。
http://hiroshimagic.blogspot.jp/

一人でも多くの方に、この問題を知ってもらうことが一番大切なことだと考えています。
その為にもブログの方も是非よろしくお願いします。

E-Mail


HOME

2016年6月10日開設

2017年6月3日更新

下記の映像をYouTubeで見つけました。
ライザップのCMの問題点を鋭く突いているので掲載します。