新ローマ字入力キーボード

従来の日本語キーボードから「無変換」「変換」キーを取り除いて、その代わりに「スペースキー」を2分割し片方を「無変換」キーとして使用する新しいキーボードです。
ローマ字入力をする場合、このキーボードの方が使い勝手が良いと考えます。
「無変換」「変換」は左右の入れ替えが出来るようにするとより使いやすくなると考えます。


このキーボードを思いついたきっかけは私自身がローマ字入力をする時に「変換キー」を使用しないで「スペースキー」で変換をしているからです。
多くの方が日本語変換の際に「変換」キーではなく「スペースキー」で変換をしているのを見ていますので、この新しいキーボードは標準仕様になるのではないかと考えています。

はっきり言えば従来の「変換キー」「無変換キー」はサイズが小さいので使いにくいのが現実であると考えます。

参考までに下記に従来のキーボードを掲載しておきます。

ローマ字入力キーボード



E-Mail