読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツ戸郷翔征初動負荷トレーニングを実践しています。

このトレーニングは初動負荷理論という、恐ろしく難解なトレーニング理論を基にしたトレーニングですので、読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征は、このトレーニング理論を理解していると考えて間違いがないでしょう。

さすがは読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000010-tospoweb-base

この初動負荷理論は内容が恐ろしく高度で、このトレーニング理論を理解できる人間はいないとまで言われています。

事実私もこのトレーニング理論が発表された1994年には、この理論の存在は知っていましたが2020年の現在も、この理論を理解することができません。

それだけではありません。私はこの理論の提唱者、小山裕史が、この理論について発表した論文すら発見できないのです。

初動負荷理論の発表から26年も経っているにもかかわらず私は論文の発見すらできていないのです。

これは他のスポーツ関係者も同じです。

初動負荷理論について発表した論文を発見した方を私は知りません。

ところが読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征はこの理論に関する論文を発見しているのでしょう。

さすが読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征としか言いようがありません。

この初動負荷理論は論文が発見されないだけではありません。

一般的な日本語で解釈すると理論の存在が否定されてしまうのです。

この考えを私はサイトで発表しています。

初動負荷理論は存在しません!

ところが読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征は違います。

この初動負荷理論を理解しているのです。

この初動負荷理論が発表された当時は生まれてもいない読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征は、初動負荷理論を理解しているのです。

それだけではありません。初動負荷理論を基にした初動負荷トレーニングを実践しているのです。

私のように初動負荷理論が発表されて26年も同理論を勉強しているにもかかわらず。いまだに論文の発見さえできない者とは次元が違います。

読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征がこれだけ優秀なのも読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの指導方法が優れているからに違いありません。

しつこいようですが私のような凡人がどれだけ初動負荷理論を勉強しても理解することは不可能です。それどころか初動負荷理論は存在しないという結論にしかたどり着けません。

ところが読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征選手はまだ10代にもかかわらず、この難解な理論を理解しているのです。

もしかすると読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征は「計算機科学の未解決問題」も解明できるのではないでしょうか?

読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征は何といってもまだ10代です。

一方向性関数の存在

計算機の速度限界

クラスターの参加ノード数限界

読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征が数学の研究者になれば、これらの未解決問題も解明されることは間違いがないでしょう。

何といっても読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征は私のような凡人と違い10代で初動負荷理論を理解できる天才なのです。

読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツと読売新聞本社内に球団事務所があり読売新聞の連結決算子会社のプロ野球、読売ジャイアンツの戸郷翔征には日本の野球界発展のためにも初動負荷理論に基づいた初動負荷トレーニングの普及に力を入れていただくようお願いいたします。