本日Twitterで議論にもならない言いがかりをつけてき人物がいるので、このブログで書こうと思います。

公平を期すためTwitterのリンクを下記に張っていますので読んだうえで判断をお願いいたします。

https://twitter.com/Cmoon_D4c1z/status/1158253241777311745

これに関しては議論にすらなっていないのが現実であると考えます。

最初のツイートは

 

旧日本軍は何も悪いことをしていないなら何で敗戦時に膨大な量の資料を燃やし尽くしたのか意味不明だよね。

 

これに返しました。

 

軍隊には他国に秘匿しなければならない機密文書があります。

必ずしも悪い事した証拠を燃やしているわけではありません。

少しは戦争の現実を勉強される事をお勧めします!

 

このコメントに対する下記の回答です。

 

いやそりゃ機密もあったんでしょうが奥野自身が犯罪人を出さないために燃やしたって言ってるんだが。少しは現実を勉強される事をお勧めしますよ

 

実際の画面を見れば理解できると思いますが「奥野自身」と書かれています。

これに対し下記のコメントをしました。

 

奥野とは誰ですか?

 

問題の回答はこれです。

 

奥野誠亮も知らないで現実とやらを語ってたの?マジで勉強し直した方がいいよ

 

奥野誠亮について調べました。

Wikipedia

終戦時の内務官僚でした。

ただ奥野誠亮は歴史上の主要人物ではありません。

奥野だけで、どのような人物か分かる方がどれだけいるのでしょうか?

さらに、それを知っていて当たり前と断言しています。

これに加えて「敗戦時に資料を燃やした、奥野」これで知らないほうがおかしいとまで言っています。

再度書きます奥野誠亮は歴史の主要人物なのでしょうか?

私の意見は「そうではない」

つまり「敗戦時に資料を燃やした、奥野」これだけの情報で奥野誠亮と理解するのは一般的には無理がある。

これが私の意見です。

ちなみに、この方「木戸幸一が1941年に行ったこと?」これすら理解していません。

これは「木戸幸一 1941年」で検索すれば簡単に分かることです。

東条英機が総理大臣に就任したと天皇に上奏した。

コメントを見る限りではこの方、木戸幸一内大臣の存在を知らないようです。

ようするに、たまたま敗戦時に資料を燃やすように進言した奥野誠亮と言う官僚を知っているだけであり、戦争全体を俯瞰して理解しているわけではないと言うことです。

言ってみればトリビアを知っていて、それを自慢しているだけです。

少なくとも私はそう考えます。

最初のツイートを再度紹介します。

 

旧日本軍は何も悪いことをしていないなら何で敗戦時に膨大な量の資料を燃やし尽くしたのか意味不明だよね。

 

この方戦争の現実ということが全く分かっていません。

まず重要なことは敗戦国には人権はありません。

東京裁判と言う名称で東条英機はA級戦犯として死刑執行をされていますが、東京裁判はどこの国のなんと言う法律で裁かれたのですか?

平和に対する罪

この一言で裁かれたのです。

ようするに裁判と言う形式ではありますが、ただの報復行為です。

イラク戦争でサダムフセイン元イラク大統領が死刑になっていますが、これもまったく同じ構図です。

どこの国のなんと言う法律で裁かれたのですか?

単なる報復行為です

一応裁判と言う形式ですが実際には裁判と呼べる内容のものではありません。

話を戻します。

この方は奥野誠亮をたまたま知っているだけにすぎません。

ついでに言えば匿名です。

それに対し私は氏名を公表しています。

事実「永岡洋」で検索すれば、このサイトが表示されます。

この方には申し訳ありませんが、匿名で自身の都合を押し付けているだけにしか私には見えません。

ツイートを見ていただければ理解できると思いますが途中からは議論と呼べるレベルではなくなっています。

そもそも、この方が『文脈が読み取れれば』と書いて、これで奥野誠亮であることが理解できると主張しています。

これは下記のコメントです。

 

何故敗戦時に資料を燃やしたのかについて話をしていて、奥野の名前を出せば普通はそれが奥野誠亮を指していることは分かるわけです。文脈が読み取れれば。

歴史の勉強も必要ですが国語の勉強もした方がいいですよぉ。

 

『文脈を読み取れれば』と書いています。

再度書きます。

これだけで終戦時の内務官僚、奥野誠亮であることが理解できる事が一般的な常識になるのでしょうか?

この文脈を読み取るだけで理解することは一般常識には当たらない。

これが私の意見です。

これが通るのであれば「阿南、米内の共通点は?」「東条英機と対立し最終戦争論を唱えた人物は誰か?」「特攻の発案者は誰か?」これもだれでも知っていなければならない常識になります。

ところが現実はそうではありません。

ちなみに上記の内容はネットで検索すれば簡単に分かります。

何回も書いて申し訳ありませんが、この方はたまたま「奥野誠亮を知っている」これだけです。

その程度の知識だけで自分は優れているかのようなコメントには正直

バカか?

これだけです。

再度お願いしますが、問題のツイートを読んだうえで客観的な判断をしていただくようお願いします。

 

追記

このブログを公開したところ問題の人物は新たなツイートをしています。
その中に「奥野誠亮自身が犯罪人を庇うために資料を燃やした」と書いています。
奥野誠亮は取った行動は(Wikipedia から)「ポツダム宣言に「戦争犯罪人は処罰する」(第10条)と書かれていたため、戦犯を出さないように公文書の焼却(=証拠隠滅)を提案した。」これが正確に近い言い方で犯罪人を庇うためではありません。
この人物はブログに対し反論もしていません。
問題のツイートを全文公開します。
 
いや反論も何も奥野誠亮自身が犯罪人を庇うために資料を燃やした、で最初の話は終わってるのよ。あとはおっさんの知らなかった言い訳と難癖だけで。アマチュアジャーナリスト名乗り「戦争の現実」とやらを語るのに資料を燃やして隠蔽した悪名高き男も知らないのは驚いたけど(笑)
 
これが事実であれば最初からTwitter でコメントを返す必要はありません。
この人物は嘘を平気でつくだけでなく、私達日本の先人の名誉を不当に貶めています。
さらに問題のTwitter を読めば理解できると考えますが、この人物は途中から答えに窮しています。
そもそも回答する必要がないコメントに回答を続けたことはどう説明しても整合性が取れません。
とにかく卑怯で、卑劣で、恥知らずな輩です。