中日、岩瀬仁紀は初動負荷理論の広告塔です

中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズ岩瀬仁紀投手初動負荷トレーニングを実践しております。

初動負荷理論は存在しません!

さらに毎年シーズンオフには鳥取県鳥取市にある株式会社ワールドウイングエンタープライズまで小山裕史の指導を受けるために訪問しております。
下記リンクで確認ができます。
http://www.bmlt-worldwing.com/newpage9-3001.html
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201801/CK2018011402000094.html

さらに岩瀬仁紀投手は株式会社ワールドウィングエンタープライズの敷地内に自身のメモリアルプレートを設置しております。
下記リンクで確認ができます。
http://www.bmlt-worldwing.com/newpage9-3002.html

岩瀬仁紀投手は1998年からワールドウィングエンタープライズで初動負荷トレーニングをはじめています。
これは下記リンクで確認できます。
http://www.bmlt-worldwing.com/

このトレーニングはワールドウイング代表の小山裕史教授が発表したトレーニング理論を基にしたトレーニングです。
これだけの一流選手が名古屋からわざわざ鳥取市まで訪れるのは株式会社ワールドウィングエンタープライズのスポーツトレーナー小山裕史に高い指導能力があることの証明だと考えます。
同時にこれは初動負荷理論が優れたトレーニング理論であり、この理論を基にした初動負荷トレーニングがアスリートの体づくりとして非常に優れていることの証明でもあります。
さらに言えば、これはインターネットで確認したことなのですが初動負荷トレーニングとはアスリートの体作りのトレーニング方法として唯一絶対の正しい方法なのだそうです。
つまり現在プロ野球選手の間で流行っているウェイトトレーニングは行ってはいけない間違ったトレーニングになるということです。
これはマスコミの報道でも明らかです。
http://number.bunshun.jp/articles/-/827615?utm_source=headline.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink

現在世の中にはアスリートの体作りとして様々な間違ったトレーニング方法が溢れています。
そういったものに惑わされることもなく初動負荷トレーニングの指導を受けるために名古屋から鳥取まで通っている岩瀬仁紀選手は非常に賢明な人物であると考えます。
この初動負荷トレーニングのおかげであると思いますが今シーズン43歳になるにもかかわらず現役でプレイしていると言う事はが初動負荷理論を基にした初動負荷トレーニングの優秀性を証明していると考えます。

さすがは中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズ来期からコーチ就任が決まっている方だけのことはあります。

ただひとつ疑問があります。
このブログを書いている2018年9月30日現在マスコミ報道では来期の中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズの監督は森繁和氏の続投が決まっていません。
来期中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズの監督は交代する可能性があります。

 

監督が交代した場合、新監督が

何故自分の監督就任前にコーチ人事を決めるのか?

このように文句を言い新監督を引き受ける方がいないのではないか?
このように考えます。

 

しかし中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズの行なうことです、私のような凡人には理解ができなくても、それが当たり前だと言えます。

 

上記していますが中日ドラゴンズは中日新聞の連結決算の子会社です。

株式会社ワールドウイングエンタープライズの「初動負荷理論」「初動負荷トレーニング」に関するサイトを見つけましたのでリンクを下記に貼っておきますので参考までに読まれてみてください。

http://archive.fo/4R0md

この様なブログを書くのは私の本意ではありません。
この質問、意見等がございましたらE-mailで連絡をお願いします。
下記E-mailボタンがメールリンクになっています。
連絡がありましたら常識的かつ、誠実な対応をさせて頂くことをお約束いたします。