野球ファンなら誰でもご存知かと思いますが中日の岩瀬仁紀投手はBeMoLo®シューズを愛用しております。

このことはマスコミでも報道されています。
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=008-20160516-01

このBeMoLo®シューズの使用を始めたのはいつからなのかははっきりはしておりませんが株式会社ワールドウイングエンタープライズが野球のスパイクシューズビジネスを開始するとほぼ同時に使用を開始していると思われます。
さらに毎年シーズンオフには鳥取県鳥取市にある株式会社ワールドウイングエンタープライズまで小山裕史の指導を受けるために訪問しております。
下記リンクで確認ができます。
http://www.bmlt-worldwing.com/newpage9-3001.html
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201801/CK2018011402000094.html

さらに岩瀬仁紀投手は株式会社ワールドウィングエンタープライズの敷地内に自身のメモリアルプレートを設置しております。
下記リンクで確認ができます。
http://www.bmlt-worldwing.com/newpage9-3002.html

これだけの一流選手が名古屋からわざわざ鳥取市まで訪れるのは株式会社ワールドウィングエンタープライズのスポーツトレーナー小山裕史に高い指導能力があることの証明だと考えます。
同時にこれは初動負荷理論が優れたトレーニング理論であり、この理論を基にした初動負荷トレーニングがアスリートの体づくりとして非常に優れていることの証明でもあります。
さらに言えば、これはインターネットで確認したことなのですが初動負荷トレーニングとはアスリートの体作りのトレーニング方法として唯一絶対の正しい方法なのだそうです。
つまり現在プロ野球選手の間で流行っているウェイトトレーニングは行ってはいけない間違ったトレーニングになるということです。
これはマスコミの報道でも明らかです。
http://number.bunshun.jp/articles/-/827615?utm_source=headline.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink

現在世の中にはアスリートの体作りとして様々な間違ったトレーニング方法が溢れています。
そういったものに惑わされることもなく初動負荷トレーニングの指導を受けるために名古屋から鳥取まで通っている岩瀬仁紀選手は非常に賢明な人物であると考えます。
この初動負荷トレーニングのおかげであると思いますが今シーズン43歳になるにもかかわらず現役でプレイしていると言う事はが初動負荷理論を基にした初動負荷トレーニングの優秀性を証明していると考えます。
岩瀬仁紀選手にはこれからもBeMoLo®シューズを愛用していただき、同時にプロ野球選手である自身の知名度を生かして初動負荷理論に基づいた初動負荷トレーニングの宣伝、普及に尽力していただきたいと考えます。

ただ気になるのは中日、岩瀬仁紀選手モデルのBeMoLo®シューズを販売していないと言うことです。
これだけの選手が使用しているのであれば岩瀬仁紀選手モデルを販売するのが当然だと思いますし消費者もそれを要求していると思われます。
株式会社ワールドウイングエンタープライズは1日でも早く岩瀬仁紀モデルを販売するようお願いします。

この素晴らしい選手の所属している中日ドラゴンズは中日新聞の子会社です。

 

株式会社ワールドウイングエンタープライズの「初動負荷理論」「初動負荷トレーニング」に関するサイトを見つけましたのでリンクを下記に貼っておきますので参考までに読まれてみてください。

http://archive.fo/4R0md