中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズ岩瀬仁紀投手BeMoLo®シューズを愛用しております。

このことはマスコミでも報道されています。
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=008-20160516-01

このBeMoLo®シューズの使用を始めたのはいつからなのかははっきりはしておりませんが株式会社ワールドウイングエンタープライズが野球のスパイクシューズビジネスを開始するとほぼ同時に使用を開始していると思われます。

さらに中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手は株式会社ワールドウィングエンタープライズの敷地内に自身のメモリアルプレートを設置しております。
下記リンクで確認ができます。
http://www.bmlt-worldwing.com/newpage9-3002.html

中日新聞の連結決算の子会社の中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手BeMoLo®シューズの使用を始めたのはいつからなのかははっきりはしておりませんが株式会社ワールドウイングエンタープライズが野球のスパイクシューズビジネスを開始するとほぼ同時に使用を開始していると思われます。
BeMoLo®シューズを開発されたのはワールドウイングエンタープライズ代表の小山裕史教授です。
ちなみにBeMoLo®シューズは現在シアトルマリナーズに所属しているイチロー選手が40代になって使用をはじめたころ塁間が0.3秒も速くなったことで有名なシューズです。

ちなみに野球の塁間は27.431mです。

 

何故これだけのタイムを短縮できたのか?

 

それはBeMoLo®バーにあります!

 

BeMoLo®バーとは何か?

これは初動負荷理論を応用し、国際特許を取得した優れた発明で、優れた動作研究を基にし、BeMoLo®シューズの裏に配置されています。

このシューズを履くことによってイチロー選手は40代になったにも関わらず足が衰えるどころか逆に塁間が0.3秒も速くなりました。
この事実はマスコミの報道等でご存じの方も多いのではないかと思います。

http://news.livedoor.com/article/detail/11583462/

ただ、ひとつ不可解なことがあります。
それは岩瀬仁紀投手のwikipediaに同投手が初動負荷理論に基づいた初動負荷トレーニングを実践している事実が書かれていないことです。
岩瀬仁紀投手は、このトレーニングのおかげで43歳の現在も現役を続けることができると言ったコメントも残しています。
それを考えると同投手のwikipediaにその事実が書かれていないことは明らかに不可解なことです。
このブログを読まれているIT関連に詳しい方がいらしたらぜひwikipediaに加筆してください。
岩瀬仁紀選手にはこれからもBeMoLo®シューズを愛用していただき、同時にプロ野球選手である自身の知名度を生かして初動負荷理論に基づいた初動負荷トレーニングの宣伝、普及に尽力していただきたいと考えます。

ただ気になるのは中日、岩瀬仁紀選手モデルのBeMoLo®シューズを販売していないと言うことです。
これだけの選手が使用しているのであれば岩瀬仁紀選手モデルを販売するのが当然だと思いますし消費者もそれを要求していると思われます。
株式会社ワールドウイングエンタープライズは1日でも早く岩瀬仁紀モデルを販売するようお願いします。

 

上記していますが中日ドラゴンズは中日新聞の連結決算の子会社です。

株式会社ワールドウイングエンタープライズの「初動負荷理論」「初動負荷トレーニング」に関するサイトを見つけましたのでリンクを下記に貼っておきますので参考までに読まれてみてください。

http://archive.fo/4R0md

 

この様なブログを書くのは私の本意ではありません。
この質問、意見等がございましたらE-mailで連絡をお願いします。
下記E-mailボタンがメールリンクになっています。
連絡がありましたら常識的かつ、誠実な対応をさせて頂くことをお約束いたします。