ご存じの方も多いとお思いますが阪神タイガース、鳥谷敬選手が今年からBeMoLo®シューズを使用しています。

マスコミでも紹介されています。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/04/gazo/20180203s00001173458000p.html

このスパイクシューズは現在シアトルマリナーズに所属しているイチロー選手が40代になって使用をはじめたころ塁間が0.3秒も速くなったことで有名なシューズです。

 

ちなみに野球の塁間は27.431mです。

何故これだけのタイムを短縮できたのか?

それはBeMoLo®バーにあります!

 

BeMoLo®バーとは何か?

これは初動負荷理論を応用し、国際特許を取得した優れた発明で、優れた動作研究を基にし、BeMoLo®シューズの裏に配置されています。

このシューズを履くことによってイチロー選手は40代になったにも関わらず足が衰えるどころか逆に塁間が0.3秒も速くなりました。
この事実はマスコミの報道等でご存じの方も多いのではないかと思います。

http://news.livedoor.com/article/detail/11583462/

 

阪神の鳥谷敬選手もイチローでの成功を見て今年からBeMoLo®シューズの使用をはじめたことは疑いの余地はありません。
鳥谷敬選手は今年37歳ですので、もしかしたらイチローの0.3秒を上回るタイムの短縮も可能であると考えます。

用具の切り替えは野球選手にとって大きな決断ですので30代後半になってBeMoLo®シューズの使用を始めた鳥谷敬選手の決断は大いに称賛されるべきことです。

鳥谷敬選手は阪神の選手ではリーダー的な存在です。
できれは本人だけでなくチーム全員にBeMoLo®シューズのを使用する様に勧めた方が良いのではないかと思います。

ただ私には不可解に思えることがあります。
それは阪神タイガースの鳥谷敬選手が使用しているにも関わらず鳥谷モデルのシューズが販売されていないことです。
これはイチロー選手にも言えます。

http://www.bemoloshop.com/fs/bemolo/c/gr11

阪神タイガースの様な人気チームの選手が使用しているのですから株式会社ワールドウイングエンタープライズは早急に両選手のモデルを販売するべきです。

ちなみに阪神タイガースは阪急阪神ホールディングス株式会社の子会社です。

このブログに質問、意見等がございましたらコメント欄に書き込むか、E-mailで連絡をお願いします。

下記のサイトもよろしくお願いいたします。

初動負荷理論は存在しません!

新訂版 新トレーニング革命

http://archive.fo/4R0md