先日「イチロー引退!3」のコメント欄に下記のコメントがありましたので紹介します。

バカ?
何みてるの?

イチロー引退!3

私は現在のイチローのプレイを映像を紹介してプロでプレイできるレベルではないと主張しているのです。
現にイチローは試合に出場していても8番です。
イチローが全盛期と変わらないのであれば1番で出場していなけれなりません。
しかし、そうではありません。
ところが、この方には現在でもイチローが強肩、駿足の選手に見えるようです。
そうだとしたら一度病院に行かれることをお勧めします。

2018.4.6 イチロー 8番・左翼スタメン!

この試合の第3打席のセカンドゴロは全盛期であれば楽々セーフのケースです。
ところが結果はどうでしょうか?

2018.4.8 イチロー 8番・左翼スタメン!

この試合の第1打席のセーフティーバントは全盛期であればセーフです。
6回の守備にも問題があります。
この回の最初の守備機会はレフトフライのケースです。
正直これを補れないのはピッチャーには気の毒です。

2018.4.10 イチロー 8番・DHスタメン!

DHでの出場なので守備機会は当然ありません。
イチローが守備でも超一流であったことは説明不要と考えます。
その選手が何故DHなのでしょうか?

2018.4.14 イチロー 8番・左翼スタメン!

この試合は特に見どころはありません!

2018.4.15 イチロー 8番・左翼スタメン!

この試合は3回の守備です。
バックホームの送球を見れば肩の衰えが一目瞭然です。
第2打席のショートゴロは全盛期であれば楽々セーフです。

2018.4.18 イチロー 8番・左翼スタメン!

この試合での最大のポイントは最初の守備です。
レフト前のあたりが2ベースヒットになっています。
これは相手チームのバッターランナーがイチローの足、肩の衰え、ようするに守備能力が衰えていることを知って一気にセカンドへ走っているのです。

 

現在のイチローは打撃能力に関しては極端に衰えているとは感じません。
しかし、肩と足の衰えは酷いと感じます。
全盛期であれば刺せた送球で刺せなくなっています。
全盛期であればヒットの当たりがアウトになっているのが現実です。
今年マリナーズとの契約が決まる前、日本のオリックスと中日が獲得の意向があると報道されました。
しかし、オリックスに決まっていれば代打でしか使ってもらえないのが現実と考えます。
理由はオリックスは優勝を狙えるチームだからです。
先発で使うとすれば中日だけであると考えます。
理由は中日は2、3年先を見据えた再建の途上にあるチームだからです。
はっきり言えば日本に帰ってきても戦力としては通用しないのが現実であると考えます。
マリナーズに関しても何故マイナーから若い選手を上げないのだろうと感じます。
ただ、現在MLBのチームは優秀な若い選手を育成を目的にメジャーに昇格させないケースも見られます。
理由は、それをすると早くFAを取得してしまうからです。

現在のイチローを先発で起用しているのを見るとメジャーのレベルが下がったと感じ得ずにはいられません。

それとイチローとは直接関係がありませんがビモロのスパイクシューズにイチローモデルは販売されていません。

http://www.bemoloshop.com/fs/bemolo/c/gr11